経営者住宅ローンは人柱みたいなもの?

経営者住宅ローンは、会社が設立してから期間が浅く、会社としての信用ができていない時期に経営者自らが銀行に対して、自社に対する審査をしてもらう一つの方法です。
経営者住宅ローンは、ただ単に自分の収入を審査してもらうのではなく、経営している会社の審査をしてもらう事にもなります。
中小企業の従業員が住宅ローンを手続することは難しいと言われているのは、勤めている会社の状況がわからないためです。
しかし、経営者自らが人柱となって住宅ローンを申込むことで、会社の実情を銀行に知ってもらうことができます。
すると、後に続く従業員が住宅ローンの申込をしても、会社の状況がわかっているためスムーズに審査が進み、融資を受けることが可能になります。