経営者住宅ローン審査でわかることは?

経営者の方針によりますが、銀行との付き合いは最低限にして借り入れもしないという会社は少なくありません。
しかし、会社の規模を拡大させようとすると銀行融資で資金調達することは不可欠です。
この場合、いきなり会社として融資を受けるのではなく、経営者住宅ローンを申込んでみると、会社の決算書などを提出することになりますから、銀行が見る自社の評価を判断することができます。
いきなり会社として融資の申込をするよりは気楽に申込ができますし、単なる会社に対する融資の相談よりは銀行側も真剣に審査をしてくれます。
このように単に住宅ローンを借りると言うだけではなく、将来のことを見据えた審査を銀行にしてもらうことができるという利点があります。