フレッツ光ネクスト何台までいけるのさ?

フレッツ光ネクスト以前の光回線は、Bフレッツでした。
Bフレッツのネットワークはフレッツ網と呼ばれる回線で、回線が整理されていなかったため多くの通信を同時に行うことができましたが、混雑してくると渋滞が発生して回線が重くなることがありました。
又、使用できる端末の台数にも制限があり、ハイパーファミリータイプで5台まで、マンションタイプも5台、ベーシックタイプで10台、ビジネスタイプが50台でした。
これに対してフレッツ光ネクストのネットワークは、NGN網と呼ばれ回線が整理されているので品質確保が管理しやすく、優先順位を設けて帯域を割り当てられるのが特徴です。
それに伴い、使用できる端末の台数制限も無くなりました。
フレッツ光プロバイダー料金比較